鵜来島について

  鵜来島は、高知県宿毛市の南西沖約20kmに位置する人口20名ほどの限界集落島です。

うぐるBOX 西内 新一

プロフィール画像沖の島、うぐる島のイベントで初めて島に来てから五年ほど経ちました。長年高知に住んできてこんな所があるのか!と感動したのは忘れることが出来ません。

昔ながらの変わらない町並み、自然、迷路の様な路地や階段、カラフルな屋根瓦、美味しい魚に、優しい島民の方々。島の人口は20人強。車もなければ自転車も必要ないほどの小さい集落です。スーパーも郵便局もなく学校も廃校になりました。一般向けの民宿も今まではほとんどなく、海水浴場もないので観光客もほとんど目にしませんでした。

しかし、ほぼ毎日、ダイビングや釣りのお客さんが県内外から鵜来島にわざわざ来られています。それだけ豊かな自然と人と集落がここにはあります。

今現在、日本で最も無人島に近い集落と言っても過言でない鵜来島ですが、小さいからこそ出来る何かがここにはあると思います。

商店や郵便局、駐在所などもない鵜来島は、初めての方はどうやって楽しめばよいのかわからず、ハードルが高いと感じるかもしれません。
しかし小さい島の中にも見どころや楽しみが沢山あります!
そんな鵜来島を、うぐるBOXがご紹介し案内させて頂きたいと思っています。